Hot Topics
印象に残っている会社の歓送迎会

都内の運送会社で働いていた頃の出来事です

49歳 男性
都内の運送会社で働いていた頃の出来事です。

この会社は、忘年会は勿論のこと、社員旅行や歓送迎会などのイベントが好きな人が多く、小グループでの飲み会も自由に企画して、上司もそれを容認していました。

春になると新入社員が何人か入り、早速歓迎会を開こうということになりました。
男性社員は、誘うと皆すぐに参加を希望してくれましたが、女性社員はなかなか難しく、返事も保留のままでした。
私も入社したばかりの時、楽しい歓迎会を開いて下さり、すぐに先輩たちと親しくなれました。
そういうこともあって、熱烈歓迎の飲み会は、すぐに辞めないで長く働くための一つの方法というか、大事なイベントだと思っています。
そこで、私はもう一度、女性社員一人一人に声をかけました。
「リエちゃんは参加OKですか」気軽に言ったつもりでしたが、「いきなりリエちゃん」と睨まれてしまいました。
ファーストネームを呼んだことと、ちゃん付けしたことを怒っているということに気付くのに、時間がかかりました。
私は凄くショックで、他の女性社員にこのことを話してみると、「いきなり名前を呼ぶのは職場ではセクハラになる」と言われ、重ねてショックを受けました。

こういうことから職場のマナーを学び、貴重な体験として肝に銘じ、今でも女性を苗字にさん付けで呼ぶようにしています。私にとっては忘れられない出来事でした。

人気のオフィスワークに関わる話は、このサイトが手軽で便利です



Copyright(c) 2018 印象に残っている会社の歓送迎会 All Rights Reserved.