Hot Topics
印象に残っている会社の歓送迎会

私は大学卒業後、福祉施設の支援員として働いていました

25歳 女性
私は大学卒業後、福祉施設の支援員として働いていました。
働き出して1年が過ぎ、新しい新人が入ってきました。
その時、私は社会人になって初めて、先輩という立場になりました。
新人の教育も任されて、意気込みを感じながら新年度を迎えました。

そして、新人が入ってきた時に、歓送迎会を開きました。
その歓送迎会では、先輩達と協力して1つの余興をする事となりました。
余興の内容は、当時流行っていたアイドルグループの歌に合わせて、ダンスを踊るというものでした。
歓送迎会の前には、業務の合間を見て、余興の練習をする日々が続きました。
業務上、全員揃っての練習はなかなかできなかったので、その都度集まれる人だけ集まって練習をしたり、自宅で休みの日を使って個人的に練習をしていました。

歓送迎会当日は、余興をする為に高校の時の制服を着ました。
もう何年も来ていない制服を着るのは、とても恥ずかしい気持ちにもなりました。

しかし、余興をする事で歓送迎会に参加している人達が、とても盛り上がってくれたので良かったです。
本番は笑いも絶えず楽しいひと時でしたが、歓送迎会の前に練習を積んでいた日々も、とても楽しい思い出となりました。

自分が余興をやった事で、とても印象に残る歓送迎会となりました。

人気のオフィスワークに関わる話は、このサイトが手軽で便利です



Copyright(c) 2018 印象に残っている会社の歓送迎会 All Rights Reserved.